釣り入門
 ホーム

釣り

(海釣り偏)

(サビキ釣り偏)
(ちょい投げ偏)
(ブラクリ釣偏)
(魚の釣り方)
(お手軽釣り講座)
(海釣り公園)

soji

  サビキ釣り 

釣り初心者にも手軽に楽しめる防波堤や海釣り公園を利用したサビキ釣り!

「釣り初心者」にお進めするのがこのサビキ釣りです。
サビキ釣りは、糸に沢山のハリがついており、ハリにはビニールや魚皮を使った疑似餌が付いています。
こサビキ仕掛けとコマセ籠にコマセ(マキ餌)を入れて魚をおびき寄せ、集まった魚が疑似餌に食いつきます。
竿にピクピクと当たりが出るので、初心者にも釣れたのが分かりやすくてとても楽しい釣り方です。

サビキ釣りで釣れる魚

サビキ釣りで釣れる魚は、アジやイワシ、サバなどが釣れますが、時として小型のチヌやボラが釣れることもあります。

サビキ釣りをする場所と時間帯

防波堤や海釣り公園では潮の流れの良い所で、朝や夕方のマズメの時間帯が良く釣れます。
水深が数メートル以上ある場所では、竿下のサビキ釣りでアジやサバ、イワシなどの回遊魚が入食いになることがあります。

サビキ釣りの道具

サビキ釣りの道具を準備しましょう。
  ・竿    磯竿の1〜2号 2.7〜4.5m程度の物
 ・リール  小型のスピニングリール 
 ・道糸   ナイロン3号程度
 ・仕掛け  サビキ仕掛け(小型のアジ・サバ用を予備も入れて2〜3組)
 ・こませ籠 予備入れて3個程度(オモリ付の場合は仕掛けの下にセットする)
 ・オモリ  3〜7号くらいを数種類用意
 ・その他小物 ハサミ、水くみバケツとロープ10m程度、アミエビスコップ、手拭きタオルがあると便利です。

タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) PG わくわくサビキ釣りセット 270
タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) PG わくわくサビキ釣りセット 270

●サビキ、仕掛け、カゴ付、セット竿
●全長:2.70m ●自重:190g ●継数:5本 ●仕舞:75cm
●適応錘:10号〜20号 ●Vケース
2,500円


ノーブランド サビキ仕掛12点バケツセット
サビキ仕掛12点バケツセット

セット内容:水くみバケツ×1個、ロープ10m×1個、メゴチバサミ×1個、アミエビスコップ×1個、プラカゴ×2個、サビキ仕掛け×2枚、サビキうき×1個、はさみ×1個、
タオル×1枚、ウキ止めゴム×1セット 990円




サビキ釣りの餌

サビキ釣りの餌はアミコマセです。
アミコマセは冷凍ブロックで売っていますので早めに購入して解凍して使います。
アミエビブロックはできれば釣りに行く前日までに買いましょう
釣りに行く時は、前夜にバケツに湯を入れて冷凍のアミエビを袋ごと入れます。
風呂の残り湯でもOKです。
朝バケツから袋を出して、タッパーに移し蓋をして、クーラーBOXに入れます。
タッパーに入れるメリットは釣り場に着いたらすぐに釣りが開始できるからです。
1.アミエビや汁がこぼれ出ない。
2.使い終わったら釣り場でタッパーを洗えば匂いがつかない。
3.アミエビが余ったら、蓋をしてそのまま冷凍すれば次に釣りに行くときにまた使える。
といったメリットがあります
予備のアミコマセは冷凍ブロックのままクーラーに入れて持って行き、エサが足りなくなりそうなときに現地で解凍して使います。

冷凍ブロックを崩す道具も用意しておくと便利です。


Next=> 2. サビキ釣りのテクニックへ






 c2008 yumeco.com All rights reserved.