釣り入門
 ホーム

釣り

(海釣り偏)

(サビキ釣り偏)
(ちょい投げ偏)
(ブラクリ釣偏)
(魚の釣り方)
(お手軽釣り講座)
(海釣り公園)

soji

  サビキ釣りのテクニック 

まず魚がどの深さにいるのかを調べましょう!

最初は水面近くを攻めてみましょう。
水面近くのコマセに小魚の群れが集まってくるのが見えることもあります。
少し待って当たりが来ない時は、少しづつ深く探ってみましょう。
さお先にブルブルと当たりがあったらリールをゆっくりと巻きます。
アジは特に口元が柔らかく外れやすいのでゆっくり巻きましょう 。
当たりがあったらその水深を覚えておいて、次はその水深の少し上でコマセを振ってゆっくりと下して待ちます。棚が合うと次々と当たりがあります。

探ってみても当たりが来ないときは魚がまだ回遊してきていないので、置き竿にして時々サオを上下に揺すってコマセを出して魚が回遊してくるのを待ちます。
コマセの詰め替えもこまめに行いましょう。

サビキ釣りで狙う魚は通常は群れで行動しています。
釣れ始めると一気に釣れますので、地合いを逃さず頑張って釣りましょう。

1匹かかったらしばらくそのままにして追い食いを待つ!

サビキ釣りのテクニックは、1匹かかってもしばらくそのままにして、さらに魚がかかるのを待ちます。
すると、1匹めに掛かった魚でプルプルと疑似餌が動くのに寄せられて多くの魚が集まってきます。
集まった魚が針に食いつくのを待って取り込みます。
魚の群れが寄ったら、コマセを撒いて魚の群れが移動しないように足止めをしながら釣るようにしましょう。

沢山の魚が付いた場合は、サビキ仕掛けをお祭りしないように仕掛けをピンと張った状態にオモリを持って地面に平行に置き、下から順に魚を外します。魚をはずし終わったらコマセを詰めてすかさず投入しましょう。

この一連の動作がスムーズにできるようになったら初心者は卒業です。

釣っチャオ! サビキ釣り仕掛け
釣っチャオ! サビキ釣り仕掛け

釣果に差が出る釣っチャオシリーズ!撒き餌に溶け込むピンクスキンオキアミカラーを採用!自然体の動きを演出し、寄せて食わせる釣果に差が出る仕掛けです。
●6本針 ●ハリス:1.5号 ●幹糸2.5号 ●ピンクスキン ●針:アジ針7号
●エダス:5cm ●全長:175cm  90円とは安いネ!

釣り場はきれいに!

釣りを楽しんだ後は釣り場をきれいにして帰りましょう。
釣り場には通常ゴミ箱はありません。ゴミはビニール袋などに入れて持ち帰りましょう。
コマセを使うと、どうしても廻りにこぼれますネ、コマセは汚いだけでなく腐って匂いもします。
コマセで汚れた場所は海水をバケツにくんできれいに流しましょう。

次に来る釣り人が楽しく釣りができるように、一人一人がマナーを守って釣りをしましょう。
タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) スーパー水汲みハード 丸
タクティクスエンジョイ(TACTICS ENJOY) スーパー水汲みハード 丸

スーパー水汲みハード 丸
サビキ釣り・堤防釣りに最適なハードタイプ
散らかしたコマセはバケツに汲んだ海水で綺麗に洗い流してかえりましょう。
ハードタイプで640円は安いかも!



Next=> 3. 投げ釣りへ


 c2008 yumeco.com All rights reserved.